洗顔フォームを冷水で泡だてをすると泡立ちにくいか検証してみた!

 

 

泡立て検証第1弾は「冷水」

 

今回は第一弾という事ですが、冷水で二十年ほいっぷの洗顔フォームを泡立てすると本当に泡立ちにくいのか?という事で実際に実験をしていこうと思います。ちょっともったいない使い方になるのですが検証という事で気になる方はご覧頂ければと思います^^


 

洗顔フォームを冷水で泡だてを実際に検証していきます!

 

二十年ほいっぷ

 

まずは冷水で専用の泡立てネットを湿らせていきます。

 

あぁ〜水が冷たいです・・・
ちなみに実験している今は2月のクソ寒い時期です^^;

 

 

 

 

二十年ほいっぷ 洗顔の量

 

専用の泡立てネットを実験の為に冷水で湿らせたら、
二十年ほいっぷの洗顔フォームをネットにいつも通りに出します。

 

では早速くるくると空気を含ませながら泡立てを行っていきましょう^^
一体どんな感じになるのでしょうか?

 

 

 

 

二十年ほいっぷ 泡の質感

 

ん〜何かやっぱりぬるま湯の時と違って泡立ちが凄く悪いです・・・
結構頑張って泡だてしたんですが上記の画像の状態が精一杯でしたね^^;

 

何か泡の質感もいつもより柔らかい感じがします。
では出来上がった泡を手に絞り出してみましょう!!

 

 

 

 

二十年ほいっぷ 泡の質感

 

冷水で泡立てした泡の完成で〜す^^

 

どうですか?
ちょっと画像だけでは伝わりにくいですかね?笑

 

先ほどもお伝えしたんですが中々泡が立たなくてちょっと手こずりました^^;
しかも泡も少ないし柔らかい泡になっちゃいました。

 

 

 

 

泡立ててみた結論は?

 

ぬるま湯で作る方がダントツに泡立てやすい
泡の質感が柔らかく泡立つ量も少ない

 

関連ページ

泡立てネットの水分量多めで二十年ほいっぷの泡立てを検証!
二十年ほいっぷの泡立てを泡立てネットの水分量を多めにしてどんな泡立ちになるのか?通常のふわふわな濃厚泡とどのような違いが出るのか?という事で実際に検証してみました。
二十年ほいっぷの洗顔フォームの量を少なくすると泡立ちが悪い?
二十年ほいっぷの洗顔フォームの量を少なくして泡立てをしてみました。届いた冊子には二十年ほいっぷの良さが実感出来ないという記載がありましたが、実際にはどのような泡になるのか?を検証してみたので参考になさって下さい。
二十年ほいっぷの泡は500円玉が置けるのか?実際に試してみた!
二十年ほいっぷの泡は濃密という事で500円を置いてもしずまないという写真とコメントがありました。そこで実際には本当に泡の上に置いても500円玉がしずまないのか試してみました。