二十年ほいっぷの泡は500円玉が置けるのか?実際に試してみた!

 

 

泡立て検証第4弾は「500円玉は置けるのか?」

 

今回がひとまず泡立て実験の最終という事で第4弾になります。二十年ほいっぷの泡の紹介で冊子では500円玉を置いてもしずまない!という事で写真が載っていました。そこで本当に500円置いてもしずまないの?って思ったので実際に実験して結果を検証してみました^^


 

二十年ほいっぷの泡は500円玉を置いても沈まないのか?

 

二十年ほいっぷ 泡立て

 

今回は500円玉を置いても沈まないか?という実験なので推奨されている泡立て方をします^^

 

ネットは湿らせて水滴が落ちないくらいにして洗顔フォームはアーモンド大くらいの大きさを出します。

 

 

 

 

二十年ほいっぷ 泡

 

いやぁ〜めちゃくちゃ泡立ちが良いですね〜笑

 

実験で泡立たない方法だったり水っぽい泡だったりと体験していたので、
通常通りに泡立てをするとこんなに簡単にモコモコに泡立つのかとちょっと感動!!

 

30秒程くるくると泡立てるとこんな感じに泡立ちました。
では泡だった泡をネットから絞り出してみます^^

 

 

 

 

二十年ほいっぷ 泡

 

手で泡を取り出すとこんな感じです。

 

すごい濃密なキメ細かい弾力ある泡になっていて、
今まで実験してきた泡と質感なんかもまったくという程違いますね^^

 

やっぱり洗顔はケチってはいけないという事です・・・笑
では早速500円玉を置いてみましょう!!

 

 

 

 

二十年ほいっぷ 500円

 

ぢゃーーーーん!!
見事に500円玉が二十年ほいっぷの泡の上に置くことが出来ました。

 

てか本当に沈まないとかビックリしましたがこの泡の弾力なら納得といったとこです^^

 

 

 

 

泡立ててみた結論は?

 

500円玉は本当に置くことが出来た!
洗顔フォームはケチってはいけない!笑

 

 

当サイトの人気記事はコチラ

 

二十年ほいっぷの本音口コミ
二十年ほいっぷは定期購入がお得?
二十年ほいっぷの単品購入が実はお得?

関連ページ

洗顔フォームを冷水で泡だてをすると泡立ちにくいか検証してみた!
二十年ほいっぷの洗顔フォームを冷水で泡だてすると泡立ちにくいキメ細かな泡が泡立ちにくいという事ですが、本当にそうなのか?という事で普通ならやらない実験という事で実際に検証していきます。
泡立てネットの水分量多めで二十年ほいっぷの泡立てを検証!
二十年ほいっぷの泡立てを泡立てネットの水分量を多めにしてどんな泡立ちになるのか?通常のふわふわな濃厚泡とどのような違いが出るのか?という事で実際に検証してみました。
二十年ほいっぷの洗顔フォームの量を少なくすると泡立ちが悪い?
二十年ほいっぷの洗顔フォームの量を少なくして泡立てをしてみました。届いた冊子には二十年ほいっぷの良さが実感出来ないという記載がありましたが、実際にはどのような泡になるのか?を検証してみたので参考になさって下さい。